| Home |Next
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
秋を感じさせるオクム
9/16日曜日
オクムに行って来ました♪
最近週末追い込めてないので、しっかり負荷かける事と、顔振峠まで自己ベスト出すことが目標でした。
意気込みスタートするも、同行のはらみん、すぎさんがあっという間に見えなくなるw

あ゛ーまで
18'29
顔振峠まで
1:07'04

自己ベストは1:15だったので、だいぶ更新できました♪

だけれど、途中に、2回靴紐がほどけ、ペットボトルを落としw、相当やる気は削がれた上に、やっぱりレース終わっちゃうと、いまいちやる気出なかったかも。正直自己ベストが出せるような走りが出来てると思っておらずに後半まで来ていて、結果に驚きでした。
まあ涼しいし、考えてみれば、前提条件違うから夏のタイムと比較してもねぇ。。な感じだけど、終わってから、すぎさんに、このタイムを来年の夏のタイムの目標にすればいい!って言われて妙に価値あるランをした気分になりましたw(自分が辛くなるだけだけどw)

ほんとは、高山不動のほうまで行こうかとも思いつつ、ヤル気が出ず、茶屋で5分ウダウダ休憩したあと、戻ることにしました。
水を買うことも忘れて戻りはじめてしまい、復路はたれたれラン。

1:06'37

鎌北湖でみんなをしばらく待つことになったので、腹筋したり背筋したり。
すぎさんが帰ってきたので腹筋の仕方を教わる。私、全然できない。。できそこないの起き上がりこぼしです。。
下っ腹を収めるためにもブレないフォームで走れるようになるためにも、上半身筋トレやらなきゃな~。

翌日以降、筋肉痛にはならず、負荷をかける練習には足りなかったみたい。
なのに3日ランオフになってるしw
今週末こそ、やらなくちゃな。足柄かなー。

そーだ!
オクムの祠のある所に大きな岩があり、そこに山藤の枝が垂れていたのですが、
落石防止工事のために枝が取り払われ、露わになった岩肌にはたくさんのマーキングが
されていました。
安全のためには仕方ないけどね、、どんな見た目になってしまうのか気がかりです。
スポンサーサイト

トレーニングTB(0) | CM(0) | top↑
週末 灼熱の皇居ラン
9/9 日曜日

珍しく、週末は皇居を走りました。

土曜日は出社がてら、皇居を走ることに。
走りだした時間は、12時過ぎ、当たり前だけど、ゲロ暑。
途中で、歩いたりもして1周28分で終了しました。。

日曜日は、パーティ2連ちゃん。午後からのお誕生日パーティと、夜は結婚式の2次会。
都心で開催なので、やっぱり皇居を走ることに。

なんだかんだと、奥武蔵以降、15km以上走った機会が火祭りハーフしかないような気がする。
実は、暑いんじゃなくて体力おちて1周しか走れなかったのかも(;´Д`) と、ちょっと焦り。
ここらでガツンとした練習がしたいです。
皇居だと日陰も少ないし・・速めのペース走するなら、早朝だな!!!と意気込んでいたのですが・・
結局、寝坊。

皇居走りだしは9:30くらい。
でも昨日よりだいぶ早い時間なので日陰なら涼しく感じる。

26'46
  51
26'40
  34
26'29
 3'26
27'56

結果、4周でやめちゃった。3周目のあとに、長めのレストを取ったのが、よかったのか悪かったのか、
4周目は脚が動かず、ジョグになってしまいました。最後の直線だけダッシュしたけど笑

走っている時は周回ごとに遅くなっている感覚があったけど、速くなっていたんだなぁ。(゜_゜)
なんの練習になったんだかわからないようなペース走だけど、うん、パーティに向けてのダイエットには
なったはずよ・・笑 いや、それが一番大事!!!

午後のパーティはどちらも楽しくて楽しくて、、、しばらく余韻に浸ってしまいそう(*^^*)
お祝いの場に出席する機会に恵まれることって幸せなことだね♡

トレーニングTB(0) | CM(0) | top↑
1年分の状況報告
久しぶりに更新してみます。・・・・1年以上ぶりかよっ笑
レースのことくらい書いておきたいと思うのに・・もう。。

前回更新から、出場したレースを中心に近況報告を書いてみる。

2011.9.24 平塚夢の島12時間レース
・・・膝が痛くなっててあまり走れてなかったので、前日飲んでしまった。しかも結局オールの上に熱海寝過ごし(寝過ごしベスト!)なコンディション。
幸いにも20時スタートなので、昼間はがっつり寝てスタートラインにつきました。
四万十が10月に控えていたので、その練習にできるかぎり、長く走りたかった。けど、50kmくらいで脚が動かなくなり、テントで爆睡。
起きて外を見たら、リレーの選手が走っている様子がまるで、速いメリーゴーランドみたいに見えました。
少し、私もメリーゴーランドに戻ってみるものの、結局65kmくらいで終了。 

2011.10.9 新潟シティマラソン フル
・・・これも四万十に向けての、イチかバチかレース。脚が出来ていればいい練習になるだろうし、できてなかったらただの疲労蓄積になるだろう。という100kmレース1週間前のフル出場。
膝が痛くなることを恐れていたのですが、ところがどっこい、足裏が痛くなりました。足底が落ちてしまったようで。15km過ぎくらいからもうトロトロペース。結局5時間近くかけて?越えてたかな?笑 ゴールした。
暑かったし脚痛いしツライレースだったなぁ。日本海が見えて、ワーイと思ったけど、海沿いの国道に日陰はまったくなかった。
でも新潟の居酒屋はCPよくて満足でした。栄えている地方都市って、ビジネス街あるから、サラリーマン仕様にお値段も安いし、それでいて土地のものが美味しいんですね♡
ポニヤマとの旅も楽しかった(*^^*)

2011.10.16 四万十川ウルトラマラソン 100km
・・・というわけで、本命レース。でも、足裏の痛みもまったく引かず、足首まで痛くなっていたので、正直途中棄権も考えてた。
でも前日の前夜祭で、世界のすー。さんに、足裏から足首が痛いのですって伝えたら、ちょっと記憶があやふやですが、とにかくかなりポジティブな回答が返ってきて笑
そう、すー。さんに言われたら、足裏の痛みは棄権の理由にならないなって思った。
そして、トドメが、今回グループエントリーをしてくれながら、落選されていた恵美子さんからのメール笑 「足首の具合はどうかしら。心配。無理しないで、と言いたいところだけど、行けるどこまで頑張って」
完走を改めて決意しての就寝。
レース当日、ツイッターでフォローさせていただいている小野さんにご挨拶をして、スタート。

5kmくらいのところで小野さんに追いつき、遅くないですか?とお伺いしたら、はじめはゆっくり行きます。
とのことで、私も飛ばすべきでないから、と、ご一緒させていただく。

35kmくらいまでご一緒したのかな? 
アップダウンが途中あったけど、どんどん小野さんと共にBUのごぼう抜き。
私はお手洗いでお別れになりました。(結局その後ひたすらBUでサブ10したみたい。すごい!)

その後は、私は下降気流に・・どんどん・・落ちていき。追々LAPもアップしたいけれど。13時間ちょいでゴールしました。ゴールの時の名前のアナウンスを聞いた、すー。さんが来てくださって、オイオイ泣いちゃいました。

ゴール前、もう日はすっかり暮れて、薄く月明かりに照らされた四万十川を右に、木に囲まれた夜道を走っていたのですが、街の人たちがところどころで、懐中電灯や、車のヘッドライトで照らしてくれている。そして、「おかえりなさ~い」って声をかけてくれていて。その言葉に涙が出てしょうがなかった。ずーっと泣きじゃくりながら走って。街に戻ってきたところで、明るくなったことに我に返って泣くのをやめて、急に脚も元気になり、すっ飛ばして快走のゴールでした。

シバさんと、帰りコンビニで熱燗で乾杯。コンビニに「ワンカップを温めて」、とリクエストしたのは人生初でした♡ 
麒麟推しの高知楽しかった。また行きたい・・!(今年はハズレタよ。。)
脚の痛みについては、ロキソニンを飲みまくり、大丈夫でした。飲まなかった新潟シティのほうがレース中も辛かったし、レース後のダメージも大きかった。

2011.12.11 お伊勢さんマラソン ハーフ
・・・いつものお伊勢さんでした。四万十川以降、ノーランだったので、スイーパー役。 2時間半でゴールした。

2012.4.15 東日本国際親善マラソン ハーフ
・・・仕事が忙しかったこともあり、ほんと走ってなかった。脚のふくらはぎが、あり得ないくらい柔らかい肉質になっており、まるで全身がオッパイか笑 というような柔らかさ。
かつてないほど、筋肉が落ちたのかもと、うっすら感じていた。それでも月間0~20kmくらいは走っていたし(笑)、正直、ハーフ2時間くらいで走れんだろ、と思ってた。
ところがどっこい・・。スタートしてすぐ、つらくなる。10km以降給水ごとに歩きまくり。ほんと辛くて辛くて、やっとゴールして2時間5分とか!!笑
ゴール後の脚は生まれたての鹿状態・・・。ほんとにヤバイ状態だ、とやっとお尻に火がつきました。

で、それから、足柄3回くらい行って、オクム4回くらい行って、5月、6月は200km弱、走れたかと思ってます。
今は何に向かって頑張ったかというと、8月のオクム。ハーフ、歩いているようじゃ、ウルトラの完走なんて無理でしょう。尻火状態で走りました。
オクムは3年前に1度出て、今回は2回目。

そうそうオクムの練習中に偶然な嬉しい出会いがありました。
3年前に出場したときに後半20kmくらい抜きつ抜かれつ切磋琢磨したランナーの方がお二人いらしたのですが、
そのうちのお一人の女性に再会したのです。
お互いゴール後話したわけでもなく、名前もわからないけど、走るフォームで憶えてたんです。
顔振峠でお声をかけてみて、それから鎌北湖までお話しながらラン。彼女は50才から走り始め、53才で316まで出したとか・・!!色々貴重なお話を聞けて、とってもよかった。
こういう再会って嬉しい。
今度お会いするときは、オクムのレース中だと思う。また切磋琢磨できるかな。私の走力が足りなさそうかな笑。

THEME:ジョギング・ランニング - GENRE:スポーツ
トレーニングTB(0) | CM(0) | top↑
雪が降ったのでご近所ラン♪
2月15日 火曜日
朝、パカっと起きて、外を覗いてみたら、想像より積もってませんでした。
昨日の夜の降りっぷりから、10cmくらい積もった様子を期待していたのですが、
そんなでもなかったみたい。もう止んでるし。
でも積もった雪は今シーズン初めて!!他の地方では雪害になるほど降っているのにね。。
申し訳ないですが、積雪が、待ち遠しかったですww

と、いうわけで雪見ラーン♪
浜まできてみたよ☆彡 これがまた、良い波がはいってきてたんだわ~ かっこよす~
ねずみ色な空と海の色と、白い浜と、、油絵の世界です~
雪の降った海

朝陽が射しこんできました♪ サーファー、寒いだろうけど。気持ち良いだろな~ 最高のリフレッシュだとおもう。
朝日が射してきた海

ウチの母はなかなかポエマーで茅ヶ崎海岸の波はレースみたい。と言ってのけました。
彼女に言わせたら、これはダブルのレースになるのでしょうか笑

レースのような海

写真撮ってばかりで5kmくらいしか走らなかったw
でも楽しかった~ また降らないかな~♪♪

さてさて今日は1年半ぶりくらいにハリ!!どんだけ痛いのだろう。。ドキドキです。
そして、ベストな状態となり、、今週末は激練コースにトライ。。だなぁ。。。。こちらもドキドキ。。

トレーニングTB(0) | CM(0) | top↑
ロザンヌ洋菓子店のソフト食べにrun♪・・が、蜘蛛の巣地獄に・・(;∇;)
8/28土曜日

今日は夜は珠響のコンサート。さぁさ、それまでに走らないとネ。。
というわけで、前から気になっていた、北久里浜駅近くのロザンヌ洋菓子店 ソフトクリームを目指しランすることにしました♫
暑そうだったので、アップダウンがあっても日陰の多い、内陸コースで行くことにしました☆

辻堂~藤沢警察署~片瀬山~西鎌倉山~鎌倉山~鎌倉~逗子・・とここまでは快調♫♫
大きく道を間違えることなく、googlemapもあるし、楽しく進みました。

ですが、桜山を超えて、googlemap上でドーンと直進で南下する道路に出たところ、、あらま、ドーンと南下する道って、トンネルでした。どうりでmap上も真っ直ぐなわけです。。。南郷トンネルってトンネルです。
トンネル、涼しくっていいじゃん。と覗いたところ、、真っ暗。
歩道もあるし、片側1車線のちゃんとした道路なんだけれど、出口が全く見えない。

すごーく長いトンネルなんだろうという感じ。たぶん1~2kmある。
皆さんだったらどうする?行く??自転車でも躊躇しないかなあ?
私はまったく行くきになれず、トンネル入り口から引き返しました。

迂回するには、右に大回りして海に出るか、左に大回りして更に内陸に行くか。
でも真っ直ぐトンネルを通らずに山に登る道もあります。山の上には大きな公園があるみたい。
公園から、反対側に降りることができるなら、トンネルを通らずにショートカットできそう♪・・と、
安易に考えた私は、公園に向けて上ってみました。

辿り着いた公園は、南郷上ノ山公園。グラウンドがあったり、テニスコートもたくさんあったり♪
1周してみて、下る道が見当たらない。。
と、テニス帰りのおばさま方がいらっしゃったので、聞いてみました。
「反対側に行ける山道はありますかー?」
「そしたら、左奥に階段がありますよー。」
行ってみたら、ありました。
更に山に登る登り坂の階段。。でもしっかりとした広い道幅の階段だったので、臆すことなくGO!!
でも人気がゼロ。。ww それはちょっと不安だな。って思ってました。

階段を登りきり、程無く走りやすい広めの登山道にでます。バイクとかでも走れそうなロード。起伏も気持よく進みます。
で、3差路にでました。そう、たしか3差路。。
右は二子山山頂方面、左は東逗子駅方面、直進は森戸川方面。と、なってました。
二子山山頂は気になるけれど、そんな寄り道している時間はない。
東逗子駅方面は方角的に最短ルートじゃない。
方向的に最短ルートだし、と森戸川面をセレクト。コレ。大きな間違いっす。。
そもそも森戸川は山の下、街を流れているとこを指していて、梺に降りれるルートなんだと勘違いしていたワケです。
しばらく進むうちに、かなり道も狭くなってきました。。誰も会わないし・・心細い。
そして、湧き水のような小さい川沿いを歩くようなコースに。
コースが分かりづらくて、ちょっと遭難したらどうしよう。って恐怖感。
でもね、すごくキレイでした。手付かずの自然って感じで。。
こんな湧き水の流れる脇を歩くのってはじめてで、だってここ何日も雨が降っていないのに、サラサラ流れる水。
すごくキレイな湧き水なんだと思います。なんて楽しいコースだろうって思いました。
でも雨が降った日は恐らく川の中を歩く水量になることでしょう。。ちょっとコワイかも?

湧き水が竹筒から出ているところもあって、大興奮でガバガバ飲みました♪とっても美味しかったです。
2010-08-28 12.21.54
写真、わかりづらいですが、竹筒から出た水が下に落ちているあたりは小川というか本当にわずかに水が流れているんです。100%地下水ですよね~


きっとこの小さい川が森戸川に繋がって、街に出られるのね♪とウキウキ下っていきます。←勘違いだった

と、ちょっと広いところに出ました。なんかベンチとかあるし。今思い返してみれば、そこが森戸川の終点地点だったのだと思います。
私は街に出るとばかり思ってたので、ちょっと困りました。葉山方面と書いた看板があって。。ちょっと方向的に右にズレるけど、もうお水もなくなってきていたので、葉山に行こうと進みます。
そしたら、がけ崩れでこの先進めませんの看板が!!ショック!!!どうしたらイイの?
戻って、ベンチとかあるところをウロウロ。他にルートはあるのかなぁ?
・・と、ありました~。
でも梺に行くための道じゃない。
葉山アルプス尾根に出るための道だって。尾根に出たら、左が田浦梅林。右が仙元山らしい。
この時点で、とてもとても最初の南郷公園まで戻る気にはなれない。
行くしか無い。尾根に出てから、向こうに下る道があるんだろう。と希望的観測で進みます。
更に細くて急な山道。
背の高さを超える竹やぶ。蝉の声が耳の高さでワンワン鳴いてる。かと思うと顔に突撃してくる。
キモイ。コワイ。
完全に世界は、自然のもの。草木・虫に凌駕されていて、私なんか居ちゃいけない場所って感じ。

そして、とうとうキタ。大っきらいな蜘蛛の巣がコース上にドーン!!!チョー立派なヤツデス。。。
引き返せないじゃん。

幸いにも(?)巣の高さは胸の高さくらい。
泣きそうな気持ちになりながら、膝を地につけ、匍匐前進。
怖くて振り返れない。だって振り返って、蜘蛛の巣が壊れてたら、ヤツが居なくなっていたら、それすなわち、ギャーッてことになるから。。
そんな事を何回も繰り返す内に、アタマがおかしくなりそうになってきた。

笹や草木で完全にコースがフェイドアウトしているところも多いです。
地面だけが頼り・・。
もうお水もないし。食べ物も何ももってないし、ちょー心細い。もちろん携帯の電波もありません。
掻き分け掻き分け、やっと出た。葉山アルプス尾根。はぁーー。
膝、蜘蛛の巣恐怖でガクガクしてる。
指、蜘蛛の巣絡まってるし。でもそんな事は置いておいて、視界の開けたところに出れた事のほうが重要。サバイバルすぎるにも程がある。。
携帯の電波が入った。。
と、はらみさんからチャットメールが来てる。
思わず返信。
「あの!」
「今、葉山アルプス連絡尾根にて、左行くと田浦梅林。右行くと仙元山。」
「どっちに行けば道に出ますか?」みたいな。
休日出社中のはらみさん、忙しいはずなのに、色々調べてくれた。。涙
仙元山方面に行くことに!←こっちのほうが下り基調だったし♪

木立のところだったので、枝をゲット。
もう匍匐前進はしない。枝で蜘蛛の巣を回転させて道を作る。ってこの行為だって吐き気モノ。
でもパニックおこしたら、ぜったいヤバイから、冷静にヤツを見据えながら、四隅の糸を絡めて反転させる。
それ以外は右腕を前にブンブン枝を降って、バサっとか突っ込まないように注意しながら前進。
なぜか左手は口を覆い、右手を振り回し、走ってもいないのに、息切れするし、瞳孔開きまくってるのか目が痛い。
最後、梺に出るまでの道、金網と藪の間の道だった。
泣きそうなくらい蜘蛛の巣だらけ。いくらやっても慣れない。どう考えてもこんな虫好きになれない。。

街に出たときは大喜びでシタ・・。大した距離を山道歩いたわけじゃないと思うのですが、精神的疲労が凄い。
恐恐、髪を払うと。虫っぽい触感、ありました。もちろん確かめれないよ(大泣)
枝を捨て、ワオーとか言いたいくらいの喜びの衝動にかられ、大通りに。

あ、トンネルの出口発見。新沢トンネル(南郷トンネルから続いてるトンネルです)の出口でした。
こんな虫だらけな思いをするなら2kmのトンネルのほうが何十倍も良かったです。いや10km遠回りのロードだって良かった。

暑い日差しも忘れて、普通の道を走れる喜びを痛感。。←バカもいいとこ。

・・・もう長くなりすぎたので、やめにしよう。
こんな話の後に、ソフトクリームの美味しさを如何に伝えようと、ダメな気がするし。。
それよりも、教訓。
・独りで山に入っちゃいけない。
・山は高低で難度を考えちゃいけない。低くたって都心が近かろうと、山は山。
・特に尾根伝いの葉山は思ったよりかなり深く。迷う可能性大。
・葉山のトレイルは夏は虫や草木の天下だそうで、メインシーズンは冬だそうな。。

この写真もわかりづらいですが、コレ正面がコースですww めっちゃ藪やん 
2010-08-28 13.04.17


残念なことに、どこかでサングラスを落としました。
蜘蛛が冬眠し、藪が小さくなったら、探しにリベンジかな。。
森戸川の水流は本当にキレイでしたから、また行きたいです。(虫のいない季節に!)

あ、で、改めてソフトクリームレポートしなくちゃね。
ああ無事に生きて街に出れて良かった。←大げさじゃないんですってば!

その日の夜はうって変わって、歌舞伎などのご鑑賞♪ストレスのせいか左目にものもらいできてました笑




トレーニングTB(0) | CM(1) | top↑
| Home |Next
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新トラックバック
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。