| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
2012 火祭りロードレース
8/26(日) 火祭りロードレース

出場してきました。初参加。

実は、エントリーは2回目、前回は友達とエントリーしながら、その友達が出られなくなってしまい、
1人で行くには富士吉田は遠い・・と思って、出場しなかったのでした。

今回も夏あたりにレース出たいって友達とエントリーしていたのですが、その友達はまたも出られなくなっちゃった(/_;)
なんか、とことん縁がないけど、今回は☆の人達もエントリーしていたので、寂しくなさそうなので出場してきました♪

真夏だから、暑い、とか、富士山の麓だから、起伏がある、とか、そんな前情報は聞いていたんだけど、
でもハーフマラソンだし、ゼーハーゼーハーと走って、ダイエットと秋のフルにむけての練習に走れればいいなぁ、って思っていた。

スタート地点は競技場なので日陰もなく炎天下。
スタート直前までテントの日陰にいたかったけれど、特にタイム分けの整列にもなっておらず、スタートラインがどんどん並んでいく状況なので、スタート10分前にあきらめて
テントから出て並びました。

スタートの号砲がなるも、スタートのゲート幅が並んでいた列幅よりも狭いために、一向に進まない(笑)

トラックを1周してから、競技場を出て公園へ。公園内の道幅も狭く、大渋滞。
道路に出てから道幅が広がってまともに走れるようになったけれど、結構な登り坂。
序盤の登り坂で強引に前にいくのもなぁって、そのままジョグみたいなペースで走っていたけれど、あれ?これじゃハーフマラソンな走り方じゃないなぁって思った。
まるでオクムというか・・・、おいおい、距離が違うのに笑 たいして息もあがってないし・・。
でも、前日にふくらはぎを酷使しちゃったのと、アルコール摂取と睡眠不足のためか、脚もなんだか重たくて動かない(/_;)

そうこうしているうちに、コースは森の中となり、砂利道に。道幅は4mくらい?狭いです。
またまた大渋滞。端のほうから抜くと、砂がたまっていたりするので、脚に余計な負担がかかります。
砂埃がもうもうとたっているし・・・。なんか気分悪くなってきます(;´Д`) 
もっと前からスタートすれば、こんな大渋滞にはならなかったんだろうか・・・。
ハーフでこの混雑ぷりを味あわせられるのは、なんか、ストレス(笑)
まだ5kmたたないのかよって感覚。
徐々に衰弱していき、登りでガンガン抜かれ、下りは人並みに抜ける。って感じの流れでした。

キロ表示は1kmごとではなく5kmでした。
コースに起伏がありすぎて、1kmのラップなんてとっても確かに無意味かも(;・∀・)
なんか私の中でハーフマラソンの既成概念が壊されていく。。。
こんなコースでもハーフマラソンてあるんだね笑
10kmくらいのところで、もう止めたくなった。
歩きそうな1歩手前。
給水所では、ハーフなのに、がっつり立ち止まり給水だし笑

最後、競技場のまわりを走らされるとことか、嫌だったなぁ。
そこは平地なんだけど、もう脚が動かなくって。ハーフのラストって酸素を渇望するくらいスパートして終わるイメージなのに、
ちっともスパートできなかった。。

以下ラップタイム

5km   29'47
10km  23'55
15km  27'22
20km  28'02
Goal    5'48

TOTAL 1:54'54(ネットタイム)
1:55'57(グロス)

天候晴れ 気温29度 湿度46% 風速0.7m/sec

か・・かろうじて、1:55を切ることができた・・。
4月末に出た、フラットなハーフマラソンコースのタイムが2時間越えしていたことから比較すると、格段とレベルアップしたんだけどね。。。
しかし、思い返してみると、レース中、通常のハーフマラソンのペースから極端に速いペースが極端に遅いペースでしか走っていなかったように
思う。
口惜しい点としては、スタート後のペースがハーフなのに守りはいった走りだったこと。ゴール間際なのにスパートできなかったこと。
もう、これはハーフという距離を意識せず、コースがこうなんだから仕方ないよってことなのかもしれないけどさ。(・д・)チッ
果たして自分の走力が現状どの程度なのかっていうのは、まったく測ることのできないレースでした笑
自分の体調もよくなかったしね・・・。来年、体調整えて出てみたら、去年はこうだったって言えるのかもしれないけど。
そうやってリピーターを増やす大会なのねん。(^_^;)

ゴール後は、吉田うどんにふじやま地ビール。地ビールが飲めるのは、ほんと嬉しい。
欲を言えば、プラコップじゃなくグラスで飲みたいなぁ♡

そうそう、公園にむかう、最後のダラダラとした坂道で、また、加藤さんに会いました♪
「あー!奥武蔵!がんばれ!奥武蔵!!」
と沿道から叫ばれ、奥武蔵道場の人でも出ているのかとキョロキョロしたら、私のことを応援されていました笑

縁があるなぁ、加藤さん・・・笑
スポンサーサイト

マラソン大会TB(0) | CM(0) | top↑
2012奥武蔵ウルトラマラソン②
タイム。

2:21’52 鎌北湖駐車場(トイレ立寄り)
1:15’00 顔振峠
 41’14 40k
 32’23 45k
 35’13 50k
 29’21 55k
 30’59 60k
 30’17 65k
 29’02 70k
 31’19 75k
 16’32 78k

Total 8:13’12(Net)

5kmごとのラップでみても、登り下り混ざっている区間ばかりで、どういう走り方できたのか、いまいちわかりません。。けど、後半にかけて、まあまあ上がり基調でいけたのかな?
最後の下りをぶっ放すほどの元気はなく、テレテレ下った感じの記憶だけれども。。
顔振峠までのタイム、1:15ていうのは、練習中でも出したことのないタイムで、実に快調だったかと思う。
顔振峠までに会う☆の人たちにも、みんなに驚かれました。自分でも驚いてたんだけどね笑 人が驚く様子が、また可笑しかったな。

高山不動までの間の見晴峠に向かう、ちょっとツライところ、日差しがキツイ。そんなところで、ケロさんとお仲間が施設エイド。冷たいカルピスと梅干しを頂きました。美味しかった・・^^

見晴峠という斜度もあって陽射しギラギラのつらいところにエイドなのは嬉しい。ここで止まっていいんだwって、気持ち的にとっても楽。
ほとんどのエイドでやっていただいてましたが、ここでも首筋に水をかけてもらう。背中にも胸にも水がまわるので、もうウェアはびしょびしょで、汗なのか水なのかもわからない。別にいいw

高山不動では、☆の皆さんが・・! 写真撮ってもらったり、梨を食べたり。また元気に戻ってこれるといいなーと思いながら、スタート。

今回、スペシャルは何も預けませんでした。前回も預けてなかったし。準備することから逃避ですからね・・。
高山不動から折返しまで10kmって聞いて、元気でる。なんだ、もうそれしかないのって感覚だった。完全に鎌北湖まで走った距離について忘れている感じw

ブナ峠のあたりでかなー。応援ランのJunさんに会う。爽やかにガンバレーと言ってもらう。
トップランナーが帰ってきたのは、刈場坂に差し掛かるあたりだったろうか?
このあたりからは、エール交換するようになり、周りの景色や選手をよく覚えていない。
知っている顔ぶれの人たちも続々帰ってくる。

刈場坂から先は、3年前にレースで行ったっきりなので、距離感・斜度感ゼロ。どこまで行ったら折り返しなんだろう?ってちょっとツラくなってくる。
エイドが見えた・・。けど折り返しじゃない。。
更に先に行くと、折り返してくるランナーが、もうすぐかき氷だよー!って言う人が多くなってきた。正直、、かき氷は全然いらないんですが、折返しは恋しいよ!と内心叫ぶ。

折返しで、3口くらいかき氷食べて、後はポイしちゃいました(ごめんなさい。。でも冷たいもの、量取れないのです。。)
さあ、折返し・・!
少しバテてきた感じがしていましたが、みんなとエール交換しながら、下り基調なことから、少しずつ回復。

刈場坂のエイドでは、チエちゃんに見つけてもらって、元気をもらった^^
高山不動までは元気に戻って、また☆の人達から、サプリもらったり、飲んだり食べたり。
早く行きなよって言われるくらい笑、のんびりして、リスタート。
タイムも順位も気にしてないからお気楽なもんです。

顔振峠に向かう途中でまたケロさんに会って、写真撮ってもらったり、元気もらったり。
こんな暑いなか、応援するの、超消耗すると思うんですよね・・。ほんとありがたいです。

顔振峠では、またまたJunさんにお会いする。「やっぱ、やればできる子だわ。。うんうん」とか1人ご納得頂いてました。笑
練習だと、こっから10kmの鎌北湖駐車場で終了なのに。今日は、ゴールまでは14km。
それが嫌で、ゴネゴネしたものの、そういうわけにはいかないの!と一掃されてリスタート。
あとは、淡々と・・・、歩くことなく進んで、「あ”ー」到着。
下りは、前回出た時のようにかっ飛ばす元気はなかった。ダラダラと下る。
鎌北湖のエイドでもしっかり給水。

あと・・2.1kmって言ってもらえたのかな。でもそこからがまた遠く感じる。
ゴールの建物が見えてから、また遠い。
男性ランナー、加速! 私ついていけない。。
と、小さな子どもが分岐のところに走ってやってきて、
「パパが・・・パパが・・帰ってきたーーーー!」とぴょんぴょん飛び跳ねて叫んでいる。男性ランナー更に加速・・ww
そりゃそうだよなぁ。あんなふうにわが子が迎えてくれたら、もうメロスもびっくりの走りだよね。
で、私はというと、パパ、パパー!とダッシュする推定小学校低学年の彼女にも追いつくことができずに、ゴールの直線へ・・・笑
そんな、ちょっとほろ苦いゴールでしたが、嬉しかったです(・ω・)

・・・ゴール後、シャワー浴びたものの、シャンプーなかったので、喜楽の里(お風呂)へ。で、立川にいって、いつもどおり飲んだくれてからの帰宅でした笑
翌日は、がっつり寝るために午前休を取っていたけれど、夜中に大量の汗で目覚め、寝付くことができず、結局出社しちゃった。身体のなかに熱が篭っていたんだろうなぁ。

今回、初、錬での長距離山デビューでしたが、問題なし。ただ、右足親指の爪は死んだ模様。爪、死んだの初めて(‘_’) メンズの錬だったので、ちょっと大きいのかもしれないな。
その他は筋肉痛以外のダメージは今のところ出てきていない感じ。

でも、整体なり、鍼なりで、ちゃんとケアしてから練習開始にしたい。

練習し続けることによる成果と、ケアを怠ったことによるダメージって、後者のほうが結果を出す上でリスクになる事、疲れていない状態でスタートラインに立たないと、練習成果も意味なさない事を今回のレースで走りながら感じた。

何故かというとこのレース前の2週間てロクに走っていなかった。平日はほとんど走らず、、1週前の週末は足柄に行ったものの、万葉まで行かずに、激坂前で折り返してしまったし、最終週も朝ラン30分を火曜日にしただけだった。
それで、体重も増えていたと思うけど、思ったより走れていたのは、疲労が抜けていたからかなぁ。と感じるのです。

身体の様子を見ながらではなく、定期的にメンテは入れたいなと思います・・(お財布と要相談だけどねー(;´Д`))

マラソン大会TB(0) | CM(0) | top↑
2012奥武蔵ウルトラマラソン①
奥武蔵ウルトラマラソン、やってきました。

今回は、飯能泊ではなく、拝島泊にしました。
ここに目をつけたのは、気になるパン屋さんと、地ビールのお店があったからというのが
きっかけですが、心配なレース前、(何も準備しないくせに)気持ちだけは焦ってしまうタイプなので、
なるべく現実逃避していたく、、ちょっと離れたとこにしたのです。
でも、心配心配といいながら、準備への怠りはひどくて(これも現実逃避への一環なのかと)、
家を出てから気がついたのは、ウエストポーチと時計とランニング用のブラを忘れたこと。
どれもなくてもなんとかなるけど、、でも出来れば欲しいものですよねw

仕方がないので、時計はラン仲間に借りて、ランブラは行く途中で購入して、ウエストポーチは購入せずケチることにしました笑
幸いもってきたランパンがポッケ付きなので、ポッケにサプリつめつめ作戦です。
落ちそうになった時ように、マスキングテープでポッケも留めることにしました。(←素晴らしい意味の無さとなりましたが。)

レース前日は、前から気になっていた拝島近辺の酒蔵、石川酒造(多満自慢の酒蔵です)がやっているビール小屋でランチ。あー・・画像でかいw・・

2012-08-04 15.01.52

こんな立派な夫婦欅があったり、古い蔵があったり、昔はビールでこれを作っていたの?というような大きな銅のような釜があったり、桜の木も多く、趣きある空間で、優雅な午後・・・・・・翌日のレースを忘れる素敵な空間でした。
ビール全種をチェックw どれも美味しかったけどピルスナーが良かったかな。いかにも新鮮出来立て!!って酵母の味が、たまりませんでした(´∀`*)

2012-08-04 15.02.50

一応ビール全種をチェック笑 どれも美味しかったです^^ ご飯もお値段のわりにボリュームあって・・とっても美味しかった。絶対また行きたいな。
2012-08-04 15.22.17


またゆっくり来たいなー、と後ろ髪惹かれつつ、ホテルへ。
本当はパン屋さんに寄ってパンを買うはずが、向かったのが遅く、パン屋は閉店していました><

ホテルの近くのショッピングモール内のお鮨屋さんにて夕御飯。お昼も遅かったので、おなかいっぱい。でも、つい、ビールを頼んでしまう。
自粛というか、お腹いっぱいになりすぎて、1杯で十分でした。
ショッピングモールの中に、パンを売っているところがあったので、味は期待できなさそうな見た目だったけどライ麦パンを購入。あとヨーグルトも。

お腹パンパンで苦しいー、と思いながら、寝て、4時に起きる。
すぐ、ヨーグルト食べて、入浴剤を入れたお風呂にゆっくり浸かってリラックス。。。
ぎりぎりまでお風呂に入ったら、慌てて出て、着替えて、チェックアウト。5時ピックアップのはらみんカーに乗り一路オクムへ!
今年はオクムの駐車場、グラウンド優先じゃなくなったみたい。奥のほうに追いやられちょっとスタートから遠い。
黒シャツで出ようと思っていたけれど、前日の涼しい曇り空と打って変わって、晴天・・・!自分だったら黒は着ない、とのはらみんのアドバイスを受け、白いシャツも持ってきていたので、白シャツにチェンジ。
ゼッケンつけて、背中にテーピングして。。。
水分とりながら、スタート地点へいき、とにかくトイレに並ぶ。並ぶ。。。
なんとか、小さい方は間に合いました・・。大きい方は、前日から出てきてくれません><
今週、火曜日に30分の朝ランしかしておらず、どうも腸の活動が悪かったみたいで、お便秘気味です。
スタート前、不安な顔してたら、スギさんに、たくさん練習してきたんだから大丈夫です!って肩をパシパシ叩かれました。
そうだよね。。。2回足柄(万葉)、オクム5回(顔振峠、飯盛峠、ブナ峠、飯盛峠、刈場坂)の練習を5月上旬からやってきました。故障するかどうかのイチかバチかの全身おっぱいからの突貫工事だったけど、故障しなかったんだから、多分、なんとかなる・・。レース前に行った鍼の山下先生に、身体は良い状態です、完走はそれは間違いないでしょう。と言って頂いていたことを思い出しました。今まで、痛くなってからの駆け込み寺状態で行くことばかりだったので、そんな風に言って頂いたのは初めてだったのです。

スタート直前まで最後列でお喋りしていたら、いつの間にかスタートの号砲が・・笑
はじまってみれば、緊張感ゼロにてスタート。

ともっち、ねもっつ、みっちゃんが近くに。ゆっくり行くとのこと。
私はどうしようかなと思いつつ、とりあえずはゆっくり行こうとジョグ。去年の四万十川でも相当ゆっくり、キロ8分以上で入った。と肝に銘ずる。
今年からコースの変わった、砂利道コースに入り、急な登りで歩いている選手も多くなる。ムリに走って抜くのも道幅狭くて困難なので、ちょい歩き入りながらのジョグ。下りになり、ともっちぶっ放していく。追っかけ私もぶっ放す・・w
平地になってもそのペースが一気には落とすことができず、しばしハイペースのままいく。
自分、無理してない?大丈夫、気持ちいい。みたいな自問自答繰り返しながら、淡々と走る。
このあたりの平地の日当たりの良い所、直線が長くて日陰がなくて、エイドも遠く感じた。消耗した気がします。

エーデルワイスへ向かう登り坂の途中で、たくさんラン仲間に会う。☆の人たち、たくさん^^
自分がハイペース気味なのは承知してましたが、もう引き下がることもできず、、いいや、落ちたら骨拾ってもらおう。それもまた練習になんだろ、と気持よく走ることを継続。目指すタイムは9時間切りと思っていたけれど、そのタイムって自分の今の体力見合いかなって設定したモノなだけで思い入れ無いし、それを目指して潰れるなら、そこまでで良い練習になるしね。
まあ、後半苦しんでゴール目指すのは嫌だけど笑

ゴルフ場前でも☆の仲間が応援してくれました^^ OS1も飲ませてもらい、ゲキ飛ばしてもらって元気でる^^

顔振峠に入って、やっといつものオクムな感じ。日陰に入るとひんやり気持ちいい。レース当日は晴天になってしまったけれど、前日が涼しかったので、幸いに地面や山の中に熱が篭っておらず、いつものオクムに比べて湿度も低いように感じました。

とはいえ、すでに汗だく。ランパンのポッケに留めていたマスキングテープは意味を成さなくなっており、BCAA1袋とねもこにもらったイブを落としちゃいました>< ごめんなさいm(_ _)m

途中のエイドでボラしていた知り合いランナーに会うことができました。嬉しいねー!帰り、待ってるよ!って声掛けてもらいました^^

そうこうしているうちに顔振峠着。タイムを見てみると、今年のオクムの練習時のベストタイムより良いみたい。そこまで頑張っているつもりはないのに、これがレースハイってやつなのかしら。。(?_?;)

長くなるな・・・。今日はここまで・・。

マラソン大会TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新トラックバック
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。