| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
ロザンヌ洋菓子店のソフト食べにrun♪・・が、蜘蛛の巣地獄に・・(;∇;)
8/28土曜日

今日は夜は珠響のコンサート。さぁさ、それまでに走らないとネ。。
というわけで、前から気になっていた、北久里浜駅近くのロザンヌ洋菓子店 ソフトクリームを目指しランすることにしました♫
暑そうだったので、アップダウンがあっても日陰の多い、内陸コースで行くことにしました☆

辻堂~藤沢警察署~片瀬山~西鎌倉山~鎌倉山~鎌倉~逗子・・とここまでは快調♫♫
大きく道を間違えることなく、googlemapもあるし、楽しく進みました。

ですが、桜山を超えて、googlemap上でドーンと直進で南下する道路に出たところ、、あらま、ドーンと南下する道って、トンネルでした。どうりでmap上も真っ直ぐなわけです。。。南郷トンネルってトンネルです。
トンネル、涼しくっていいじゃん。と覗いたところ、、真っ暗。
歩道もあるし、片側1車線のちゃんとした道路なんだけれど、出口が全く見えない。

すごーく長いトンネルなんだろうという感じ。たぶん1~2kmある。
皆さんだったらどうする?行く??自転車でも躊躇しないかなあ?
私はまったく行くきになれず、トンネル入り口から引き返しました。

迂回するには、右に大回りして海に出るか、左に大回りして更に内陸に行くか。
でも真っ直ぐトンネルを通らずに山に登る道もあります。山の上には大きな公園があるみたい。
公園から、反対側に降りることができるなら、トンネルを通らずにショートカットできそう♪・・と、
安易に考えた私は、公園に向けて上ってみました。

辿り着いた公園は、南郷上ノ山公園。グラウンドがあったり、テニスコートもたくさんあったり♪
1周してみて、下る道が見当たらない。。
と、テニス帰りのおばさま方がいらっしゃったので、聞いてみました。
「反対側に行ける山道はありますかー?」
「そしたら、左奥に階段がありますよー。」
行ってみたら、ありました。
更に山に登る登り坂の階段。。でもしっかりとした広い道幅の階段だったので、臆すことなくGO!!
でも人気がゼロ。。ww それはちょっと不安だな。って思ってました。

階段を登りきり、程無く走りやすい広めの登山道にでます。バイクとかでも走れそうなロード。起伏も気持よく進みます。
で、3差路にでました。そう、たしか3差路。。
右は二子山山頂方面、左は東逗子駅方面、直進は森戸川方面。と、なってました。
二子山山頂は気になるけれど、そんな寄り道している時間はない。
東逗子駅方面は方角的に最短ルートじゃない。
方向的に最短ルートだし、と森戸川面をセレクト。コレ。大きな間違いっす。。
そもそも森戸川は山の下、街を流れているとこを指していて、梺に降りれるルートなんだと勘違いしていたワケです。
しばらく進むうちに、かなり道も狭くなってきました。。誰も会わないし・・心細い。
そして、湧き水のような小さい川沿いを歩くようなコースに。
コースが分かりづらくて、ちょっと遭難したらどうしよう。って恐怖感。
でもね、すごくキレイでした。手付かずの自然って感じで。。
こんな湧き水の流れる脇を歩くのってはじめてで、だってここ何日も雨が降っていないのに、サラサラ流れる水。
すごくキレイな湧き水なんだと思います。なんて楽しいコースだろうって思いました。
でも雨が降った日は恐らく川の中を歩く水量になることでしょう。。ちょっとコワイかも?

湧き水が竹筒から出ているところもあって、大興奮でガバガバ飲みました♪とっても美味しかったです。
2010-08-28 12.21.54
写真、わかりづらいですが、竹筒から出た水が下に落ちているあたりは小川というか本当にわずかに水が流れているんです。100%地下水ですよね~


きっとこの小さい川が森戸川に繋がって、街に出られるのね♪とウキウキ下っていきます。←勘違いだった

と、ちょっと広いところに出ました。なんかベンチとかあるし。今思い返してみれば、そこが森戸川の終点地点だったのだと思います。
私は街に出るとばかり思ってたので、ちょっと困りました。葉山方面と書いた看板があって。。ちょっと方向的に右にズレるけど、もうお水もなくなってきていたので、葉山に行こうと進みます。
そしたら、がけ崩れでこの先進めませんの看板が!!ショック!!!どうしたらイイの?
戻って、ベンチとかあるところをウロウロ。他にルートはあるのかなぁ?
・・と、ありました~。
でも梺に行くための道じゃない。
葉山アルプス尾根に出るための道だって。尾根に出たら、左が田浦梅林。右が仙元山らしい。
この時点で、とてもとても最初の南郷公園まで戻る気にはなれない。
行くしか無い。尾根に出てから、向こうに下る道があるんだろう。と希望的観測で進みます。
更に細くて急な山道。
背の高さを超える竹やぶ。蝉の声が耳の高さでワンワン鳴いてる。かと思うと顔に突撃してくる。
キモイ。コワイ。
完全に世界は、自然のもの。草木・虫に凌駕されていて、私なんか居ちゃいけない場所って感じ。

そして、とうとうキタ。大っきらいな蜘蛛の巣がコース上にドーン!!!チョー立派なヤツデス。。。
引き返せないじゃん。

幸いにも(?)巣の高さは胸の高さくらい。
泣きそうな気持ちになりながら、膝を地につけ、匍匐前進。
怖くて振り返れない。だって振り返って、蜘蛛の巣が壊れてたら、ヤツが居なくなっていたら、それすなわち、ギャーッてことになるから。。
そんな事を何回も繰り返す内に、アタマがおかしくなりそうになってきた。

笹や草木で完全にコースがフェイドアウトしているところも多いです。
地面だけが頼り・・。
もうお水もないし。食べ物も何ももってないし、ちょー心細い。もちろん携帯の電波もありません。
掻き分け掻き分け、やっと出た。葉山アルプス尾根。はぁーー。
膝、蜘蛛の巣恐怖でガクガクしてる。
指、蜘蛛の巣絡まってるし。でもそんな事は置いておいて、視界の開けたところに出れた事のほうが重要。サバイバルすぎるにも程がある。。
携帯の電波が入った。。
と、はらみさんからチャットメールが来てる。
思わず返信。
「あの!」
「今、葉山アルプス連絡尾根にて、左行くと田浦梅林。右行くと仙元山。」
「どっちに行けば道に出ますか?」みたいな。
休日出社中のはらみさん、忙しいはずなのに、色々調べてくれた。。涙
仙元山方面に行くことに!←こっちのほうが下り基調だったし♪

木立のところだったので、枝をゲット。
もう匍匐前進はしない。枝で蜘蛛の巣を回転させて道を作る。ってこの行為だって吐き気モノ。
でもパニックおこしたら、ぜったいヤバイから、冷静にヤツを見据えながら、四隅の糸を絡めて反転させる。
それ以外は右腕を前にブンブン枝を降って、バサっとか突っ込まないように注意しながら前進。
なぜか左手は口を覆い、右手を振り回し、走ってもいないのに、息切れするし、瞳孔開きまくってるのか目が痛い。
最後、梺に出るまでの道、金網と藪の間の道だった。
泣きそうなくらい蜘蛛の巣だらけ。いくらやっても慣れない。どう考えてもこんな虫好きになれない。。

街に出たときは大喜びでシタ・・。大した距離を山道歩いたわけじゃないと思うのですが、精神的疲労が凄い。
恐恐、髪を払うと。虫っぽい触感、ありました。もちろん確かめれないよ(大泣)
枝を捨て、ワオーとか言いたいくらいの喜びの衝動にかられ、大通りに。

あ、トンネルの出口発見。新沢トンネル(南郷トンネルから続いてるトンネルです)の出口でした。
こんな虫だらけな思いをするなら2kmのトンネルのほうが何十倍も良かったです。いや10km遠回りのロードだって良かった。

暑い日差しも忘れて、普通の道を走れる喜びを痛感。。←バカもいいとこ。

・・・もう長くなりすぎたので、やめにしよう。
こんな話の後に、ソフトクリームの美味しさを如何に伝えようと、ダメな気がするし。。
それよりも、教訓。
・独りで山に入っちゃいけない。
・山は高低で難度を考えちゃいけない。低くたって都心が近かろうと、山は山。
・特に尾根伝いの葉山は思ったよりかなり深く。迷う可能性大。
・葉山のトレイルは夏は虫や草木の天下だそうで、メインシーズンは冬だそうな。。

この写真もわかりづらいですが、コレ正面がコースですww めっちゃ藪やん 
2010-08-28 13.04.17


残念なことに、どこかでサングラスを落としました。
蜘蛛が冬眠し、藪が小さくなったら、探しにリベンジかな。。
森戸川の水流は本当にキレイでしたから、また行きたいです。(虫のいない季節に!)

あ、で、改めてソフトクリームレポートしなくちゃね。
ああ無事に生きて街に出れて良かった。←大げさじゃないんですってば!

その日の夜はうって変わって、歌舞伎などのご鑑賞♪ストレスのせいか左目にものもらいできてました笑




スポンサーサイト

トレーニングTB(0) | CM(1) | top↑
<<久々に足柄 万葉公園 | Home | 夜間走8/13>>
comments
無事でよかったですな。

そりゃあ、疲れますね、、、トンネルって、便利です。(笑)
【2010/09/03 18:49】URL | Kennnow #-[ EDIT]
please comment














Only Admin
| Home |
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新トラックバック
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。