| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
2012奥武蔵ウルトラマラソン②
タイム。

2:21’52 鎌北湖駐車場(トイレ立寄り)
1:15’00 顔振峠
 41’14 40k
 32’23 45k
 35’13 50k
 29’21 55k
 30’59 60k
 30’17 65k
 29’02 70k
 31’19 75k
 16’32 78k

Total 8:13’12(Net)

5kmごとのラップでみても、登り下り混ざっている区間ばかりで、どういう走り方できたのか、いまいちわかりません。。けど、後半にかけて、まあまあ上がり基調でいけたのかな?
最後の下りをぶっ放すほどの元気はなく、テレテレ下った感じの記憶だけれども。。
顔振峠までのタイム、1:15ていうのは、練習中でも出したことのないタイムで、実に快調だったかと思う。
顔振峠までに会う☆の人たちにも、みんなに驚かれました。自分でも驚いてたんだけどね笑 人が驚く様子が、また可笑しかったな。

高山不動までの間の見晴峠に向かう、ちょっとツライところ、日差しがキツイ。そんなところで、ケロさんとお仲間が施設エイド。冷たいカルピスと梅干しを頂きました。美味しかった・・^^

見晴峠という斜度もあって陽射しギラギラのつらいところにエイドなのは嬉しい。ここで止まっていいんだwって、気持ち的にとっても楽。
ほとんどのエイドでやっていただいてましたが、ここでも首筋に水をかけてもらう。背中にも胸にも水がまわるので、もうウェアはびしょびしょで、汗なのか水なのかもわからない。別にいいw

高山不動では、☆の皆さんが・・! 写真撮ってもらったり、梨を食べたり。また元気に戻ってこれるといいなーと思いながら、スタート。

今回、スペシャルは何も預けませんでした。前回も預けてなかったし。準備することから逃避ですからね・・。
高山不動から折返しまで10kmって聞いて、元気でる。なんだ、もうそれしかないのって感覚だった。完全に鎌北湖まで走った距離について忘れている感じw

ブナ峠のあたりでかなー。応援ランのJunさんに会う。爽やかにガンバレーと言ってもらう。
トップランナーが帰ってきたのは、刈場坂に差し掛かるあたりだったろうか?
このあたりからは、エール交換するようになり、周りの景色や選手をよく覚えていない。
知っている顔ぶれの人たちも続々帰ってくる。

刈場坂から先は、3年前にレースで行ったっきりなので、距離感・斜度感ゼロ。どこまで行ったら折り返しなんだろう?ってちょっとツラくなってくる。
エイドが見えた・・。けど折り返しじゃない。。
更に先に行くと、折り返してくるランナーが、もうすぐかき氷だよー!って言う人が多くなってきた。正直、、かき氷は全然いらないんですが、折返しは恋しいよ!と内心叫ぶ。

折返しで、3口くらいかき氷食べて、後はポイしちゃいました(ごめんなさい。。でも冷たいもの、量取れないのです。。)
さあ、折返し・・!
少しバテてきた感じがしていましたが、みんなとエール交換しながら、下り基調なことから、少しずつ回復。

刈場坂のエイドでは、チエちゃんに見つけてもらって、元気をもらった^^
高山不動までは元気に戻って、また☆の人達から、サプリもらったり、飲んだり食べたり。
早く行きなよって言われるくらい笑、のんびりして、リスタート。
タイムも順位も気にしてないからお気楽なもんです。

顔振峠に向かう途中でまたケロさんに会って、写真撮ってもらったり、元気もらったり。
こんな暑いなか、応援するの、超消耗すると思うんですよね・・。ほんとありがたいです。

顔振峠では、またまたJunさんにお会いする。「やっぱ、やればできる子だわ。。うんうん」とか1人ご納得頂いてました。笑
練習だと、こっから10kmの鎌北湖駐車場で終了なのに。今日は、ゴールまでは14km。
それが嫌で、ゴネゴネしたものの、そういうわけにはいかないの!と一掃されてリスタート。
あとは、淡々と・・・、歩くことなく進んで、「あ”ー」到着。
下りは、前回出た時のようにかっ飛ばす元気はなかった。ダラダラと下る。
鎌北湖のエイドでもしっかり給水。

あと・・2.1kmって言ってもらえたのかな。でもそこからがまた遠く感じる。
ゴールの建物が見えてから、また遠い。
男性ランナー、加速! 私ついていけない。。
と、小さな子どもが分岐のところに走ってやってきて、
「パパが・・・パパが・・帰ってきたーーーー!」とぴょんぴょん飛び跳ねて叫んでいる。男性ランナー更に加速・・ww
そりゃそうだよなぁ。あんなふうにわが子が迎えてくれたら、もうメロスもびっくりの走りだよね。
で、私はというと、パパ、パパー!とダッシュする推定小学校低学年の彼女にも追いつくことができずに、ゴールの直線へ・・・笑
そんな、ちょっとほろ苦いゴールでしたが、嬉しかったです(・ω・)

・・・ゴール後、シャワー浴びたものの、シャンプーなかったので、喜楽の里(お風呂)へ。で、立川にいって、いつもどおり飲んだくれてからの帰宅でした笑
翌日は、がっつり寝るために午前休を取っていたけれど、夜中に大量の汗で目覚め、寝付くことができず、結局出社しちゃった。身体のなかに熱が篭っていたんだろうなぁ。

今回、初、錬での長距離山デビューでしたが、問題なし。ただ、右足親指の爪は死んだ模様。爪、死んだの初めて(‘_’) メンズの錬だったので、ちょっと大きいのかもしれないな。
その他は筋肉痛以外のダメージは今のところ出てきていない感じ。

でも、整体なり、鍼なりで、ちゃんとケアしてから練習開始にしたい。

練習し続けることによる成果と、ケアを怠ったことによるダメージって、後者のほうが結果を出す上でリスクになる事、疲れていない状態でスタートラインに立たないと、練習成果も意味なさない事を今回のレースで走りながら感じた。

何故かというとこのレース前の2週間てロクに走っていなかった。平日はほとんど走らず、、1週前の週末は足柄に行ったものの、万葉まで行かずに、激坂前で折り返してしまったし、最終週も朝ラン30分を火曜日にしただけだった。
それで、体重も増えていたと思うけど、思ったより走れていたのは、疲労が抜けていたからかなぁ。と感じるのです。

身体の様子を見ながらではなく、定期的にメンテは入れたいなと思います・・(お財布と要相談だけどねー(;´Д`))
スポンサーサイト

マラソン大会TB(0) | CM(0) | top↑
<<2012 火祭りロードレース | Home | 2012奥武蔵ウルトラマラソン①>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QRコード
最新トラックバック
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。